心のままに

ベトナム旅行 …ハノイへ・・・

c0121496_923575.gif

ベトナム・ハノイへ4泊5日の旅

「ベトナム」…と言えば、まっさきに思い浮かぶのが、『ベトナム戦争』
私の学生時代は、ベトナム戦争まっただ中で、「ベトナム戦争反対」などのスローガンを
掲げたデモが盛んでした。
そんなベトナムのその後をこの目で見たいとの思いもあって、出かけてみることにしたのです。

一日目、旅行仲間の一人がベトナムにお知り合いがいて、
幸運にもベトナムの家庭を訪問することができました。
そして、そのご家族の素朴であったか~いお人柄に触れることができたこと、
いい思い出となりました。
ただ、せっかくのお料理をほとんど残してしまったこと、申し訳なくて今も心が痛んでいます。

それから二日目の『ハロン湾クルーズ』のツアーを現地で申し込みに行ったり、
アオザイを作ったり (私は合うのがなかったのであきらめましたが・・・)、
何とかタクシーに乗りつつ市内を回りました。(私は仲間についていくのみ・・・)
夜の『水上人形劇場』・・・(歩き回った疲れが出たのかほとんど夢の中)・・・。

道路のバイクの渦が怖くて怖くて・・・。 道路横断はもう命がけ! これには参りました。

二日目の『ハロン湾クルーズ』はさすが世界遺産! 海の桂林!
ただちょっと霧が出ていたのが残念! 船内の海鮮料理は絶品!

ハロン湾までのバスの中、私が子供の頃に見た牛がいて、家族総出で田植えをする
懐かし~い農村風景に出会いました。

三日目には陶器で有名な『バッチャン村』を見学。 
お店の若奥様、日本語も上手。 自分で勉強したというのには感心。
仲間の一人に日本語を聞いて、メモしている姿にまたまた感心!

その後、『ホーチ・ミン廟』を見学。 民族的英雄であるホーチ・ミンの遺体が安置されている内部はお休みだったため入れませんでしたが、手前のバーディン広場といい、さすがのスケール!  
裏手にはホーチ・ミンの住んでいた家がそのまま残されており、ガーデニングも手がけてられてた
そうで、緑が豊かで池には鯉も泳いでいました。 高床式の家はさすが南国。 
ゆったりとした自然いっぱいの所でした。

長くフランスの統治下にあった為、フランスの香りのする建築も多々見られました。
そして、我が国日本を外から眺めるいい機会となった旅でした。



[PR]
<< パステルで人物を描く ① 蒜山高原へ >>