心のままに

先輩から刺激を受けて・・・

先日絵の大先輩のところにお邪魔する機会があって、いろいろ勉強になった。
「あんたこれからもいろんなことがあると思うけど、絵だけは続けときや~」と言って下さった言葉が忘れられない!今は月2回のグループで描くだけなのだけれど、細々でも続けていきたいとは思っている。一つのことを続けているとそこから得るものは大きい。
c0121496_13171917.jpg

c0121496_1318108.jpg

c0121496_1319253.jpg

c0121496_13194672.jpg

c0121496_13202591.jpg

c0121496_13211313.jpg

c0121496_1322341.jpg

[PR]

THE ICE 大阪公演

c0121496_21524621.jpg

[PR]

母校の奇跡⑤

7月26日

c0121496_1612893.jpg夏の高校野球愛媛県大会・準決勝   残念ながら、母校は4対2で、敗れた。
あれから、試合のある日すべて孫のお守で現地での応援はかなわず・・・。
でも、ありがたいことにYouTubeに2時間11分の試合をすべて載せてくれていたので、次の日見ることができた。

どちらが勝ってもおかしくないいい試合だった。県大会ベスト4まで残ったのだ。
甲子園には届かなかったけれど、ほんとうによく戦ってくれた。感動をありがとう!

白球は時空を超えて』も読み終えた。春の甲子園の感動がまたまたよみがえった。
熱い夏が終わって、3年生はこれから大急ぎで大学受験に備えるのだろう・・・。。
そうして、この経験は何にもまして貴重なものとなっていくのだろう・・・。

本より・・・母校の運動場から、後ろに松山城の見える風景・・・
c0121496_16362921.jpg

[PR]

母校の奇跡④

7月21日

夏の高校野球愛媛県予選。 姉からの電話で、我が母校はシード校となり、2試合目からスタート。
が、9対8でかろうじて2試合目を勝ったそうだ。 で、春の甲子園での勇士を見る最後になるかもしれないと思い、松山まで主人と共に応援に行った。 そうしたら、なんということだ。11対1で6回コールド勝ちで、ベスト8に残った。またまた、いっしょに校歌が歌えた。

その後、姉の家に寄って、『白球は時空を超えて・・・松山東高野球部124年目のキセキ』という
本を受け取った。これは松山東野球部OBのスポーツ記者やノンフィクション作家らが、21世紀枠で甲子園に出場した時の舞台裏から、松山にベースボールをもたらした正岡子規の歴史等も執筆しているようだ。これから楽しみに読んでみよう!本に残してくれ、感謝・感謝!

”坊っちゃんスタジアム” にて
c0121496_22254141.jpg

本の表紙
                  
c0121496_22462592.jpg

[PR]

コブクロコンサート

c0121496_1754472.jpg

[PR]