心のままに

京都 嵐山へ

2016年の年越しは、息子夫婦と京都 嵐山へ

たった一泊だったけれど、息子夫婦とのんびりとしたお正月を迎えさせてもらった。
31日はまずは渡月橋に着いて、竹林・天竜寺・大河内山荘へ。

c0121496_19273184.jpg


c0121496_19235485.jpg


初詣は宿の近くの松尾神社へ行って、レンタサイクルで嵯峨野を回るという息子達と別れて、
我々は八坂神社・高台寺にを参拝。

c0121496_1941113.jpg

いろんなことがあったここ数年、今年は穏やかな年になりますようにと初日の出に願いを込めて!
[PR]

池田遥邨展・河原修平展

3か月ぶりのアップ! 昨年のことだけれど、心に残った展覧会はやっぱり記録しておきたくて・・・。
池田遥邨展ーこころの詩ー』 『河原修平展
どちらも郷土が生んだすばらしい画家。 絵をみると心が豊かになる。 いいひととき。 

c0121496_1864100.jpg


c0121496_1871032.jpg


(パンフレットより)
[PR]
# by coronk | 2016-01-26 18:22 | 展覧会

10月中の孫達との日々

最後の保育園運動会 10月3日

お姉ちゃんから続いて、何年になるんだろう・・・?
保育園の運動会もこれが最後。双子ちゃん、大きい組で初めてやらせてもらえるマーチング。
ピアニカでがんばっていた。待ち時間の時、近くに行って手を振ってやるとにこっとして、うれしそう♪
なわとびもかけっこも親子競争も頑張っていたな♪
c0121496_164582.jpg


笠岡ベイファームのコスモス畑へ 10月4日

「下に落ちてるお花じゃないととったらだめよ。」と言ったら、一生懸命落ちてるお花を拾って、髪飾りにして遊んでいた。お花に囲まれるっていいな♪
c0121496_1685912.jpg


クレパス展 10月11日

今年も私のグループのクレパス展があって、娘と孫達も見に来てくれた。広い会場を走り回って、
ちょっとひやひやものだったけれど、見に来てくれるのはうれしい♪ 今年はちょうど『生誕120年 池田遥邨展』が開かれており、芸科大の学生さんが遥邨の絵にちなんで入り口の窓や壁をマスキングテープで飾りつけていて素敵な美術館になっていた。

クレパス展での受付当番をしていた時、「ずっとあなたの絵見てたよ。」と、初めてお目にかかった方から言われて、うれしかったな!23年間パステル画のグループ展に出し続けていたから、見てくれていたんだ。私もその方の名前と絵は見たことがある・・・。ただお目にかかったのは初めて。絵と本人が結び付いた時って、うれしくって、昔からの知り合いのように長い間おしゃべりをした。
c0121496_16163393.jpg


酒津公園へ 10月18日

娘に頼まれて孫を連れて酒津公演へ。そこでは七輪でべっこうあめを作ったり、落ち葉でやきいもをしたり、木に掛けたハンモックで遊んだりと自然に触れ合う遊びにあふれていた。スタッフの方々すばらしい!じいじ、ばあばは途中からは座り込んで見てるだけになったけれど、子供達はほんとに疲れを知らない!
c0121496_16314568.jpg

[PR]

小山明子さん講演会に参加して・・・

(相変わらず、時間と心の余裕が出来た時に・・・)

9月27日

大島渚監督の映画 「KYOTO,MOTHER‘S PLACE」 と、
講演会 「共に生きる~介護の日々に学んだこと~」 講師:小山明子さん
に参加。

17年に渡る壮絶な介護の日々を、自らも鬱で4年苦しんだことなど赤裸々に語ってくれた。
リハビリに付き添って行っても、ちっとも女優・小山明子に気付いてくれなかったこと、地元の水泳教室に入っていても、半年たってやっと気づいてくれたことなどのエピソードもおもしろく話して下さった。
介護の時はさもあらんと・・・。でも、いろいろ語ってくださった本人からは17年やりきったという自信に満ち溢れたいた。さすが女優、聞く人をずっとひきつけた1時間だった。

それと、孫が好きでよく通ってきた『カブトガニ博物館』・・・ここは大島監督のお父様が農林省にいる時作られたこと、神島に幼少の頃住んでおられたことなど、初めて知って親近感も覚えたひとときだった。
c0121496_14444298.jpg

                                          (パンフレットより)
[PR]

孫達と共に・・・

少し溜まった写真をまとめて・・・私の備忘録。
c0121496_1481650.jpg

[PR]