心のままに

<   2014年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

せら高原秋の花まつり

c0121496_1542714.jpg

[PR]

孫達との付き合い

c0121496_19523150.jpg

c0121496_2005071.jpg

[PR]

夏の終わりの小さな旅②

やっと前回の続きを・・・。

9月3日

ホテルが御所の近くだったので、散歩がてら御所へ。
c0121496_00486.jpg

昨年の大河ドラマの『八重の桜』の新島襄・八重の住居もこの近くだったので、
見に行こうとしたが、残念ながら9月中は閉館とのこと。
で、タクシーの運転手さんが親切に立ち寄ってくれて、外観だけ見れた。
歴史的にも興味深い建物なので、またの機会を楽しみに・・・。
c0121496_092521.jpg

今日の目的の京都市立美術館で開かれている『バルチュス展』に

バルチュスの絵は私には少し理解し難いものだが、日本人の節子夫人、そしてかつてホテルだったバラチュスの住居 ”グラン・シャレ” に興味があり、やはり本物の絵は見ておきたいと思った。
多くの芸術家や作家達の集った“グラン・シャレ” 
行くことができるものなら外観だけでも見てみたい・・・。
c0121496_0261697.jpg

まだまだ夏バテのぬけきっていない時で少々疲れたけれど、旅は私のリフレッシュ!
[PR]

夏の終わりの小さな旅

今年の夏は、天候不順のせいか・・・はたまた歳のせいか・・・バテバテで、この頃やっと秋らしい涼しい風が吹き始め、何とか体調が戻ってきた感じ・・・。
で、デジカメ画像をやっと少し整理。

9月2日

”あべのハルカス美術館” での 『デュヒィ展』 と “京都市立美術館” での 『バルチュス展』 を日程を合わせて見に行って来た。

新しいものはとりあえずは見ておかねばと・・・”あべのハルカス展望台”へ
ここは58階から60階、地上300メートルのビルとしては日本一。
なかなか気持ちのいい場所。朝早く出てきたので、ここで軽い朝食を。
c0121496_16384145.jpg

その後、目的の16階の美術館へ。
デュフィは昔から好きな画家。デュフィの絵からはいつも音楽が聞こえてくるようで、鮮やかな色彩と相まって、見ていて楽しい。 織物や陶器等の工芸品のデザインも広くやっていたこと、
今回初めて知った。この分野も魅力的。
c0121496_18181638.jpg

この後、14階のレストラン街へ。『やさい家めい』 を見つけて、うれしくなって入った。
表参道店の方がおいしかったかな~?
c0121496_1837472.jpg

午後は京都へ行き、今まで行きそびれていた 『河井寛次郎記念館』へ
学生時代を過ごした寮のすぐ近くで、懐かしさがこみあげてきた。京都の町屋にしっくりと溶け込んで、玄関を開けると、これぞまさに古き良き日本の家。 そして、家具や調度品ひとつひとつが重厚で落ち着いた調和を見せている。 けっこう長い時間を居させてもらった。 そのくらい居心地のいい空間だった。陶芸家でありながら、彫刻・デザイン・書・詩等・・・多才だ。一つのことにひいでた人は他のことも優れている。
c0121496_18585671.jpg

そして、宿泊の京都ブライトンホテルへ
c0121496_1944195.jpg

続きは次回に・・・。
[PR]