心のままに

<   2012年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

孫の夏休み

上の孫が小学校に入り、初めての夏休み。
ジイジがいつも家にいるので、孫は喜んで結局一人で4日間も我が家に泊った。
孫と一緒に寝ると、ねぞうの悪いこと! でも、寝食を共にするとほんとにかわいい!
すると2歳の妹はもう、「お姉ちゃんばかりするい!」と言いだしたそうな・・・。

夏休みの終わり頃になって、絵の課題、自由だからどちらでもいいかと何も言わなかったら、
急に描くんだと言い出したらしい。母親は仕事が休めず、こちらにおはちが回って来た。

牛を描くというので、近所の牛をいっしょに見に行き、デジカメに撮って帰り、A4にプリントアウトしたら、それを頼りに描きだした。すると主人が二階の子供部屋から娘の30年前の同じ牛の絵を持って降りてきた。

しまってあることすら忘れていた私は、ほんと懐かしかったし、娘の小学校時代にタイムスリップした感じだった。昔の娘の絵に出会えてうれしかったなあ~(^O^)/
c0121496_1313832.jpg

[PR]

高知・松山へ②

続きを・・・。

夕食の後、散歩がてら『はりまや橋』
『よさこい節』の一節が刻まれて、かわいらしいモニュメントも・・・。
c0121496_20531917.jpg

翌朝は高知駅の前にある「竜馬伝」幕末志士社中
2年前のNHK大河ドラマ『竜馬伝』のセットがそのままここに。
うれしくって、懐かしくって撮りまくった001.gif
c0121496_2319258.jpg

c0121496_23193834.jpg

この後、義母の初盆のため、松山へ。
私の両親のお墓参りも・・・。
すべてを済ませて、ほっとして帰途に・・・。

このところ我々と遊びに行く計画はお嫁さんにしてもらっている。
お出かけと美味しいものを食べるのが大好きな息子夫婦。
私達も時々合流させてもらって、楽しませてもらっている。

息子の運転の方が安心して乗っていられるようになった。
時の流れを感じる・・・。
[PR]

高知・松山へ

c0121496_20221491.jpg

c0121496_1721875.jpgお盆は毎年のごとく家族で集まり、
その後娘一家は婿さんの実家へ。
で、息子夫婦と私達は高知・松山への一泊の旅へ。
まず、須崎によって昼食。地元で愛されているという『鍋焼きラーメン』
なかなかおいしかった001.gif
少し食べてから・・・パチリ!
となって・・・(笑)
その後、池川農園の『茶畑プリン』を
いただいた。これもなかなか美味001.gif

次に、仁淀川上流の安居渓谷
c0121496_175406.jpg

『仁淀ブルー』というらしく、きれいなブルーの水・『飛龍の滝』 『昇龍の滝』 『みかえりの滝』 
『背龍の滝』 などの滝と山深い渓谷美・・・やはり美しい自然の風景でした。

夜は高知駅近くのホテルへチェックインしてから、鰹のたたきがおいしいという和食店へ。
私は生がだめなのだけれど、やはり現地でないとこの味は味わえないのだそうな・・・。
[PR]

軽井沢へ②

前回の続きを・・・。

『旧三笠ホテル』
明治39年創業で、明治時代の純西洋式木造ホテル。
今は重要文化財。日本を代表する政財界人が多く滞在したらしい。
c0121496_17143891.jpg


次は軽井沢銀座へそして、銀座通りをつききったところにある『聖パウロ教会』
c0121496_17191270.jpg


タクシーで回ることが多く、後から思えばレンタカーを借りればよかったかな…と思ったり・・・。

この歳になると、夫婦で気ままな旅が気楽でいい!
軽井沢を満喫できて、ちょっぴりリッチな気分になれ、心癒される旅となりました。
[PR]

軽井沢へ

8月5日 結婚式を終え、娘一家と上諏訪の駅で別れ、我々夫婦は軽井沢の2泊3日の旅へ。
軽井沢は学生時代友達と旅をして以来・・・。あの時はみんなでレンタサイクルで走り回った。

憧れだった 『軽井沢万平ホテル』に宿泊。
明治27年創業の軽井沢で一番古い歴史あるホテル。

「おもてなしは心なり。ホテルはひとなり」という言葉が刻まれて。
今もその心は受け継がれています。
ジョン・レノンもこよなく愛したという心癒されるホテルでした。
c0121496_23164849.jpg

c0121496_23221391.jpg


夕食はホテルの『熊魚庵たん熊』で、品のいい京料理に舌鼓。
私のこと、やはり食べるのに夢中で2品撮り損ね。
c0121496_23321236.jpg


朝食はこのメインダイニングで、ゆったりしたひとときを。
c0121496_23232323.jpg


朝食後、ダイニングから見えるこの裏庭を散歩。
c0121496_23242033.jpg


ホテルの周りは別荘地で別世界だ。
c0121496_14554037.jpg


次に脇田美術館
c0121496_2345402.jpg

とても好きなタイプの絵にわくわくした瞬間でした。
c0121496_23442659.jpg


次は軽井沢タリアセン
塩沢湖の湖畔の広大なゾーンで、歴史的建造物も多々あり。
c0121496_23535392.jpg


軽井沢高原文庫では『北杜夫展』を開催中。
c0121496_0265530.jpg

ペイネ美術館 
フランスの画家レイモン・ペイネの描く「ペイネの恋人たち」、夢があって好きだなあ~♪
c0121496_049695.jpg

c0121496_032470.jpg

次は千住博美術館
レンタサイクルを借りたかったけれど、雨に降られ断念!
タクシーから降りた時にはザンザン降りで入口に辿り着くのがやっと
c0121496_0565100.jpg

c0121496_161857.jpg

光溢れる斬新な建築と美術館を取り囲むカラーリーフガーデンが不思議な空間を形成していた。

(長くなったので続きはまた次回に・・・)
[PR]

信州の旅

もうすでに、一ヶ月が過ぎてしまったけれど・・・

8月3日から4泊5日の信州への旅に出かけた。
娘の幼馴染の結婚式に我々夫婦も招待されて、結婚式のある諏訪湖のほとりのホテルに2泊。
婿さんが仕事の都合で一日遅れの出発となる為、娘一人では3人の子供を連れての旅は到底
無理!
で、我々夫婦が付き添いで・・・ならば結婚式にも出てほしいとのこと。
小さい頃から娘と共に成長する姿を見てきたので、このお誘いはとってもうれしいことでした。

暑さと何度もの乗り換えで、ホテルに着いた頃にはもうへとへと!
なんでこんな暑い時にと思いきや、諏訪湖では8月中は毎日花火が上がるので、
それを見せたかったとのこと。

新婚さんが今夜泊るスィートルームが一番花火がよく見えるというので、
ずうずうしくもお邪魔して見せてもらった。
花火の動画、あんまりいい出来ではないけれど、これも思い出だから・・・。



いい結婚式でした。 
新郎が新婦に向かってみんなの前で、「ぼくを選んでくれてありがとう。」と言ったこと。
ちょっと感動もの! そして一人一人の友達紹介・・・これも初めてのこと。 その中で、我々夫婦も紹介され、花嫁さんから「小さい頃からお世話になってありがとうございました。」の言葉に
ちょっとウルウル・・・・私も歳だわ!
[PR]

ブログを本に

ブログを書くのも随分久しぶり!

6月末に主人が43年間のサラリーマン生活にピリオドを打ち、
16年近くになる単身生活を終えて帰って来た。

私にとっては大きな大きな変革の時!
で、今までのブログを本にしてみた。

大げさに言えば、ブログを書くことで心の整理をしてきたようにも思う。
夫婦お互いにそれぞれの場所でがんばってきた証なのだ。

c0121496_22492928.jpg

[PR]