心のままに

<   2011年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ただただ祈るばかり・・・

東北地方で起こった巨大地震、私はこの時何も知らず、いつものごとく金曜日の午後は美術館で呑気に絵を描いていた。

その後、先生を囲んでお茶をして、またいつものごとく、保育園に孫を迎えに行って娘の家に入ったとたん、「お母さん、大変なことが起きてる!」と、娘がテレビにくぎ付けになっていた。

これが現実に起きてることなのか!・・・パニック映画を見てるようで・・・茫然とするばかり・・・。

5歳の孫が「こわい、こわい」と、泣き出したのでそれ以上見ることができず・・・
夜、家に帰ってからずっとテレビにくぎ付けで・・・

中国にいる主人も落ち着かないんでしょう・・・何度も電話してきて・・・。

福島の原子力発電所も・・・これ以上被害が拡大しないよう祈るばかり・・・。

人ごとではないのだ。いつ誰の身に起こるかもわからないのだ。
地震対策を我が家はちゃんとしているだろうか・・・?

尊い命が一人でも多く助けられますように!
ただただ祈ることしかできない。
[PR]

佐渡裕 指揮 BBCフィルハーモニック日本ツアー (ピアノ辻井信行)

『2009年ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール』で優勝した辻井信行君の演奏を一度生で聞いてみ
たいなあと思っていた矢先、広島で開催されるのがわかった時は何が何でも行かなきゃあと思った。
そして、ありがたいことに前から3列目の席がとれた001.gif

辻井君が指揮者の佐渡裕さんのエスコートで現れたとたん、目頭が熱くなった。
その時の佐渡さんの何とも優しいお顔。

そして曲は、私の大好きなチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番変ロ短調。
「タタターン」で始まるこの曲を聞くと、いつも雄大なロシアの風景が目に浮かぶ・・・。

一人で演奏するならともかくも、なぜ指揮がわかるのか!
インタビューで「気配でわかる」と言っていたけれど・・・。
辻井君の演奏が終わると拍手が鳴りやまず、うれしそうに佐渡裕さんとハグする姿にまた胸がいっぱいに・・・。

次のドヴォルザークの交響曲第9番「新世界より」・・・これもよく知っている曲だったのはラッキー043.gif
佐渡裕さんのダイナミックでかつ繊細な指揮に魅了されてしまった。 顔を流れる汗もかっこよかった!
やはり一流の人は心に響く何かを持っている・・・。

帰る時、「今日の演奏は最高だったよなあ!」という声が聞こえた。
すばらしい非日常の時間だった。
c0121496_20123398.jpg

[PR]

あっという間に一ヶ月が過ぎ・・・

主人がプライベートな所要で一週間程日本に帰っていたり、その間に娘一家がインフルエンザに見舞われ、落ち着かない日々を過ごしているうちにいつの間にか一ヶ月が過ぎている・・。
 
双子ちゃんにはうつらないように隔離するのが大変だったが、何とかそれは免れてほっ!001.gif

はっと気付くと高い所に上がっていたり、引き出しで手を詰めたり・・・、ほんと一時も休まる暇がないけれど、ひとつひとつのしぐさが実に可愛くて・・・双子はその可愛さが二倍になる・・・016.gif

言葉も 「どうじょ」 「あ~とお」 など片言が出てきた。
絵本を持ってきて膝に座って、ここは「あ~、あ~」なのだが、読んでやるとうれしそうに、
また「あ~、あ~」と、絵を指差す。 
双子ってお互いが刺激し合って発達が早いように思えるのは、身びいきか!?
c0121496_17595254.jpg

[PR]