心のままに

<   2009年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

正念場

11月半ば、双子出産を控えた娘一家。
やはり、双子ならではのリスクが少しづつ出始めました。
現在、娘の家に通って孫の保育園の送り迎えや家事の手助けの毎日。
母親としての正念場! 私が疲れきらないように乗り切らねばと気持ちを引き締めています。
そしてまた、「バアバ」と言って抱きついてくる可愛い盛りの孫に癒され、元気をもらう日々です。
娘よ、後2か月何とかがんばれ!

c0121496_0324042.jpg
[PR]

絵本原画展へ②

c0121496_17272898.jpg



お友達のブログで吉備路文学館で『藤田桜 絵本原画展』をやっているのを知って、見て来ました。
ご主人の高橋秀さんが沙美にアトリエを構えていらっしゃることは以前から知ってましたし、また美術館で開かれた講演会にも参加したことがあったけれど、奥様については全く知りませんでした。
先日、知り合いにこの方の『おひめさまはぼろぼろふくがすき』という絵本を孫にと頂いたばかりで・・・。藤田桜さんの絵本は、めずらしい布地コラージュで、オリジナリティー溢れる夢いっぱいの世界でした。

このようなすばらしい芸術家御夫婦がお近くに住まわれてるなんて!(それがうれしい!)
いつの日かオーラにあやかりたいなあ~!
孫によく絵本を読んでやってるせいか、私の最近の絵は絵本の影響大かも・・・?
[PR]

絵本原画展へ①

c0121496_15422041.jpg
 日曜日のこと、市立美術館で絵本原画展をやっていたので、 絵本大好きの孫を連れて見に行きました。毎週私が絵を描きに通っている美術館。すぐ近くに住む孫はこの美術館・図書館が我が庭のごとく、よく足を運んでいる場所。開催されてすでに一カ月にもなるというのに、私はちっとも気付かなかった!この「もーやん」こと、「元永定正」先生が、かつて私が出品していた「全日本アートサロン絵画大賞展」の審査員であったことを!
 ちょうど10年前、私がいつも描いているパステル画の大きさで出品できる公募展はないか探していて、見つけた公募展だったのです。出してみたら、いきなり優秀賞!・・・この時の飛び上りたいようなうれしさといったら・・・。その時、表彰式があり、その後の立食パーティーで元永先生と一緒に写真まで撮っていただいたのに・・・この原画展を見るまでその時の先生だと一致してなかったのです。
 孫がいなかったら、もしかして見てなかったかも・・・?
先生の講演会もすでに終わった後! (残念!) 
 その公募展には、5回挑戦して、初回が優秀賞・2~4回が 入選・5回目に落選・・・。それっきり出すのをやめていました。こんな懐かし~い気持ちにさせてくれたんだもの、また出してみようかな~なんて、思い始めています。
孫が思い出させてくれたのかも・・・?
[PR]