心のままに

姫路市立美術館へ

11月28日   相変わらずのupの遅さ007.gif

娘が姫路にいるお友達に会いに行くというので、いつもながら子守要因でついて行く。
道中のみ一緒で姫路に着いたら、娘たちとは別行動。

姫路は両親が新婚生活を送った所。
子供の頃、アルバムの中に貼ってあった『白鷺城』(父が姫路城を白鷺城と書いていた)と
兄の赤ちゃんの頃のおしゃれな帽子をかぶった写真を妙に覚えている・・・。
私は当然ながらその頃はまだこの世に存在せず、時代の流れなのだろう・・・私の赤ちゃんの時のあんなおしゃれな格好の写真はない・・・。

・・・なんて思い出しつつ、駅前の黄色く色づいた銀杏並木の大通りを姫路城へと歩いて行く。
残念ながら父がアルバムに収めていた美しい天守閣は今修復中で覆われたまま。
姫路城を横切り、お目当ての『姫路市立美術館』へ。
c0121496_854829.jpg

このレンガ作りの外観と、広々とした庭はやはり何度来てもいい!
郷土の抽象画家の『江見絹子展』を見る。
知らなかった画家なので、こんなチャンスでもなければ見ることはなかっただろうな。
全国各地のいろんな美術館めぐりは、やはり私の楽しみの一つだ。
c0121496_1048164.jpg

[PR]
<< 東京へ 七・五・三 >>